【映画紹介】もし神様になれたら幸せ、、??

こんにちは、せーんです
 
ご無沙汰になってしまいました
 
 
最近、仕事の関係で広島にきてからテレビも買っていないので、DVDで映画をたくさん見るようになりました
 
そんな中で、コレイイ!!と思った映画をみなさんに紹介してきたいと思います!(映画通とでかはないのでお手柔らかに笑)
 
 
今回ご紹介するのは
 
『とにかく笑いたい!!!
でも、内容にすごく深さがあっていい感じの充実感がほしい!!!』
 
という方にオススメの映画
 
 
『ブルースオールマイティ』
 
 
という映画です
 
2003年に、アメリカで上映
 
監督はトム・シャドヤック
 
時間は101分となかなか見やすい長さです
 
 
*簡単なあらすじ*
 
ジムキャリー演じるブルースというテレビ局で働く主人公がいるのですが
 
誰でもできるような仕事を任されたり、笑い専門みたいな感じのレポーターとして評価されている自分の立ち位置に悶々してる毎日を送っているわけです
 
ある日、そんなブルースに出世の大チャンスが巡ってきます
 
しかしそのチャンスを見事に憎きライバルに奪われてしまう、、
 
ヤケになったブルースは、神様に向かって
 
「なんで自分ばかり、、しっかり仕事しろ!!!!!!!神のくせに!!!!」
 
というようなことを言うんですね
 
 
その後、どこかから電話がかかってきます
 
「ブルースだね?いい仕事がある、ここにきなさい」
 
と。
 
呼ばれた場所にいってみると、そこにはこの世界の神様がいたのです
(それがモーガンフリーマン)
 
「そんなにいうなら、代わりに神様やってよ。」
 
と言われたブルースはその日から神の力を手にします
 
 
月を動かしたり、ライバルの言動を操って落としめたり(ここのシーンはかなり笑いました)
 
とにかく好き勝手に神様の力をつかっていくんです、、ただ人の"意思"だけは操れないようになっています
 
 
そんな完全無敵に思われる神様にも実は厄介な仕事がありました
 
それは人々の願いを聞くこと
 
夜になると、すごい人数の人々の祈りの声が脳内に響き渡ります
 
あまりの祈りの多さにパンクしそうになったブルースは、面倒だからという理由で全ての祈りに対して
 
『YES!!!!!!!!』
 
と回答
 
全ての祈りを承認したおかげで、世界が次第にメチャメチャになっていきます
 
恋人でもあるグレース(ジェニファーアシストン)とのすれ違いも大きくなっていきます、、
 
 
そんな時、いつものように祈りの声を聞いていると
 
そこには恋人グレースの声が
 
その内容は、ブルースの成功を願う祈りだったのです
 
それを聞いたブルースの心に変化が生まれ始め、、、、、
 
 
 
といった内容です
 
 
 
 イチオシポイント*
 
僕的、この映画のイチオシポイントは
 
とにかくジムキャリーおなじみの変顔、表現力で終始笑わされます
 
すごく変にシリアスなシーンもないので、安心感がある映画です
 
その上、テーマにすごく深さがあって、神様の
 
『神に頼らずとも、人間には奇跡を行う力がある』

 

という言葉には、かなりくらってしまいました、、、
 
何でもかんでも思い通りにいくことが幸せなんじゃなくて
 
あるものを最大限活かして、目の前の課題を解決することにおもしろみとか幸せがあるのかな?
 
というようなことを考えさせてくれる映画です
 
そんなに時間もかかりませんが、すごくいい笑える、泣ける映画なのでみなさんもぜひ観てみてください(^^)